スティード 買取

未成年でもスティードを売ることは可能か?

 

 

未成年でもスティードを売ることは可能かどうかというと可能です。

 

未成年であってもスティードを売ることは可能で、それ自体特に問題はありません。

 

ただ、未成年がスティードを売る時には保護者の承諾が必要です。

 

未成年がスティードを買取業者に売る場合、依頼を受けた買取業者は親権者に電話をします。

 

スティードを売ることに同意しているかどうかを親に確認するわけです。

 

未成年の場合、親の同意書も必要です。

 

スティードを売る際、親の身分証のコピーも必要書類として提出する必要があります。

 

同意書に必要事項を記入し、印鑑を押したものを提出しなければなりません。

 

未成年が親の同意書なくスティードを売ることはできません。

 

特に親に立ち会ってもらう必要はありませんが、できるなら親に立ち会ってもらった方がいいです。

 

その方が買取業者も安心します。

 

相手が悪質業者である可能性もあるので、親がいた方が心強いです。

 

業者は売り手が未成年の場合、足元を見ることもあります。

 

安い査定額を提示させないためにも未成年の場合、親が一緒にいたほうが安心できます。

 

トラブル回避のためにも、親の協力を得たほうが得策です。